ITに関わる「誰かに聞きたい」「どうにかしたい」悩みを解決します!

“手応えある”アプローチの作り方: 差別化の超基礎

  • HOME
  • » セミナー
  • » “手応えある”アプローチの作り方: 差別化の超基礎

“手応えある”アプローチの作り方: 差別化の超基礎

203487_208549772612223_453487498_n「周りとの差別化をすれば商品は売れるはず。ということでものすごい奇抜なアイディアを考えた。これで超ヒット商品間違いなし!」

ちょっと待ってください。それで本当に売れますか?

仮にすごく良いアイディアだったとしても、資金が豊富な大企業に見つかってしまったら、大量生産され、大規模に広告を打ち出されてしまい、あっという間にシェアを奪われてしまいます。

安売りも同様です。
大量生産できる体制が整っていない限り、利益が食いつぶされて終わりです。

つまりここから言えることは…
差別化とは、単に周りと違うことをすれば良い訳ではありません。

そんな悲惨な目に遭いたくないけど、具体的にどうしたらいいのかわからない。
そんな時は、ランチェスター戦略論の超基礎をベースに差別化を考えましょう。

ランチェスターを応用したシェア計算や、ポーターの競争戦略や、ドラッカーのイノベーションや、今流行のレッド・オーシャンやブルー・オーシャンなど。

雑誌を見ても、本を読んで勉強しても、セミナーに出ても、自分の仕事にどう活かせばいいのか、具体的答えになかなか辿り着きません。

そう言うことは全部忘れてしまって、すっきり分かる…
「弱者の戦略」、「ゲリラ・マーケティング」、「高く売る付加価値販売」。
全部に共通する、10枚のパワポに満たないノウハウを、限定10名様に特別公開いたします!

button

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © 合同会社アイソリューション All Rights Reserved.